メディア

北陸地方の人が選ぶ「全国の住みたい街(自治体)」ランキングTOP10! 第1位は「金沢市」!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大東建託は、北陸に居住している人を対象に居住満足度調査を実施し、その結果を「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2022<北陸版>」として発表しました。

 今回はその中から「住みたい街(自治体)ランキング<北陸版>」の結果を紹介します。今回アンケート対象となったのは「全国の自治体」です。北陸の人から人気を集めた自治体はどこだったのか、ランキングを見ていきましょう!

(出典元:いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2022<北陸版>

advertisement

第2位:東京23区

 第2位は「東京23区」でした。東京都にある23の「特別区」から構成される区域で、これらをまとめて仮に一つの都市と見なした場合は、国内最大の人口を誇る都市となります。人口密度が高く、近隣の多地域と比較しても平均家賃は高いですが、やはり通勤や通学、交通の便利さに加え、買い物や娯楽といった生活面の充実度は他のエリアにはない最大のメリットです。

 鉄道や高速道路、地下鉄などが密集しているため、どこへ行くにも手段に困ることはありません。また、各特別区それぞれに特色があり、大きな商業地域や繁華街を持つ新宿区や港区のほか、下町の雰囲気を残した葛飾区、自然も豊かで住宅街が広がる世田谷区や練馬区など、エリアによっては23区内のメリットを享受しながら郊外の風情も感じられます。

advertisement

第1位:金沢市

 そして第1位は、石川県の「金沢市」でした。北陸地方最大の街として都市インフラが充実しつつも、兼六園をはじめとする美しい日本庭園や茶屋街など、昔懐かしい和の風情が楽しめる街。2015年に北陸新幹線の長野・金沢間が開業してからは、首都圏からのアクセスも格段に向上し、観光地としてさらに注目を集めています。

 そんな金沢市は、コンパクトな範囲に住居や商業施設が凝縮されているため、車がなくても徒歩圏内で用事が済ませられます。またバスが発達しているため、市内中心部へのアクセスも楽々。おいしい海の幸を気軽に味わえる点も、金沢市に住む人ならではの大きな利点ですね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.