メディア

「一生もののバッグがほしい」と思う憧れのブランドランキングTOP11! 30代以下の女性が選ぶ1位は「Hermès(エルメス)」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、30代以下の女性を対象に「一生もののバッグを買いたい、憧れのブランドはどこですか?」というアンケート調査を実施しました。

 日々の生活に欠かせないバッグだからこそ、いつか「一生もの」と言えるものを手にしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。さまざまな世界的ブランドの中から、どのブランドが上位となったのでしょうか? それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

 第2位は「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」でした。1854年に、トランク職人であるルイ・ヴィトンがフランスで設立したブランドです。旅行鞄専門店からスタートしたルイ・ヴィトンの製品は、船や列車で旅をする富裕層たちから人気となりました。蓋を平らにすることで、スタッキングが可能になったフラットトランクや、トランク内の物品を盗難から守るための厳重な錠前を開発するなど、ルイ・ヴィトンはニーズに合わせた画期的な提案をし続けてきました。

 ルイ・ヴィトンのアイコニックなデザインと言えば、ルイ・ヴィトンのイニシャルであるLとVの文字が施された「モノグラム」。1896年に、ジャポニズムの影響を受けて誕生したデザインです。年代を問わないシックなデザインは、誕生から100年以上経った今も愛されています。その他にも、市松模様をヒントに生まれた「ダミエ」、エナメル加工にモノグラムが型押しされた「ヴェルニ」、線状の細かな型押しが美しい「エピ」なども、ルイ・ヴィトンの代表的デザインとして知られています。

 また、アーティストとのコラボレーションが盛んなこともルイ・ヴィトンの特徴。村上隆さんや草間彌生さんといった日本人アーティストとのコラボレーション製品も話題を集めてきました。2022年5月にも、草間彌生さんとの新たなコラボレーションが発表され、印象的な水玉模様をあしらったバッグが生み出されています。

おすすめ商品

advertisement

第1位:Hermès(エルメス)

 そして、第1位は「Hermès(エルメス)」でした。1837年に、馬具職人であるティエリ・エルメスがフランスで設立したブランドです。高級馬具商として、ヨーロッパの王侯貴族を顧客に持ち、発展していきました。その後、移動手段が馬車から自動車に変化していく時代の流れを読みとりながら、さまざまな製品を生み出し、現在においても世界的な高級ブランドとして不動の地位を築いています。

 エルメスのバッグ「ケリー」は、女性の憧れ。元々は「サック・ア・クロワ」という名前でしたが、のちに「ケリー」へ改名されました。そのきっかけは、モナコ公妃であったグレース・ケリーが、妊娠中の姿を撮影されたときに、とっさにお腹をこのバッグで隠したこと。この出来事により、「ケリー」が世界中から人気を集めることになりました。

 また、エルメスのバッグと言えば「バーキン」も欠かせません。1984年に、当時のエルメスの会長と、イギリスの俳優ジェーン・バーキンが飛行機で隣り合わせになったことをきっかけに誕生したバッグです。ジェーン・バーキンが、母親になったばかりの自分のニーズに合うバッグがないと語ったことなどをヒントに、長方形のフォルムで収納力があるバーキンが生み出されました。デザイン性と実用性を兼ね備えた魅力的なバッグとなっています。

advertisement

おすすめ商品

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※ECサイト上の商品価格は、販売元の変更などによって変動することがあります。予めご了承ください。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「バッグ」のアクセスランキング