メディア

「デザインがかっこいいと思う新幹線」車両ランキングTOP12! 第1位は「500系」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 6月19日から6月26日にかけて、ねとらぼ調査隊では「車両のデザインが一番かっこいいと思う新幹線は?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、2022年6月時点で運行している12種類の新幹線です。デザインがかっこいいと思う車両が投票項目にない場合は「その他」に投票のうえ、コメントで名称を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは、総数1378票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:E7系(かがやき、はくたか、あさま、とき、たにがわ)

画像:写真AC

 第2位は得票数105票のE7系(かがやき、はくたか、あさま、とき、たにがわ)。得票率は7.6%でした。

 JR東日本とJR西日本の共同開発によって誕生したE7系/W7系は、2014年にデビューしました。JR東日本ではE7系、JR西日本はW7系と、形式名こそ異なりますが、構造や性能、デザインはほぼ同じです。

 首都圏と北陸を結び、日本の伝統文化と未来をつなぐという意味から「“和”の未来」をコンセプトとしており、外観と内観は和の色彩や意匠を取り入れたE7系/W7系。伝統美・最新技術の機能・快適性を備え、最高速度は時速260キロとなっています。

advertisement

第1位:500系(こだま)

画像:写真AC

 第1位は得票数642票の500系(こだま)。得票率は46.6%でした。

 500系は1997年にデビューした新幹線車両です。かつては東海道・山陽新幹線で16両編成の「のぞみ号」として運行していましたが、N700系の登場により現在は8両編成の「こだま号」として山陽新幹線内で活躍。

 500系は戦闘機のような外観をしており、先頭車はノーズが非常に長く、スピードを追求した斬新なデザインが特徴です。コメントでは「500系はデザインが断トツでかっこいい」「16両編成の時代が懐かしい」といった声が寄せられていました。

advertisement

コメント欄では……

 コメント欄では、「グランドひかり」の愛称で親しまれた100系や、初代のぞみとして活躍した300系などをあげる声も多く、引退した車両もいまだ人気を誇っているようです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング