メディア

30代以下の女性が選ぶ「憧れのジュエリーブランド」ランキングTOP11! 1位は「ティファニー(Tiffany & Co.)」に決定!【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の30代以下の女性を対象に「憧れのジュエリーブランド」について、アンケート調査を実施しました。いつの時代も変わらぬ輝きを誇るジュエリーブランドの中でも、「いつか手にしてみたい」と人々を魅了したのはどのブランドだったのでしょうか? それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:カルティエ(Cartier)

 第2位は、「カルティエ(Cartier)」でした。カルティエは1847年、アドルフ・ピカールのアトリエを受け継いだルイ・フランソワ・カルティエによって創業されたブランドです。1904年にイギリス国王・エドワード7世の御用達に認定されるなど、長い歴史と確かなブランド力を誇る、フランスを代表するブランドの一つです。

 カルティエは19世紀末にはジュエリーの素材としてプラチナを採用するなど、当時としては革新的な取り組みを行っていました。その取り組みにより、「ガーランドスタイル」と呼ばれるレースのような繊細なスタイルを実現し、世界進出への足掛かりになったとされています。

 ジュエリーコレクションでは自由な愛を表現した「LOVE」、ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの3つのリングを組み合わせた「トリニティ」、ヒョウをモチーフとした「パンテール ドゥ カルティエ」などがあります。

advertisement

第1位:ティファニー(Tiffany & Co.)

 第1位は、「ティファニー(Tiffany & Co.)」でした。ティファニーは、1837年にニューヨークで創業されたブランドです。ブランドを象徴する色である「ティファニーブルー」は、1845年に初めて発行されたメールオーダーカタログ『ブルーブック』の表紙に採用された色で、現在も広く親しまれています。ニューヨーク五番街の本店は、1961年のオードリー・ヘップバーン主演映画「ティファニーで朝食を」の撮影場所としても知られています。

 アメリカの歴史とも深いつながりがあるブランドで、1862年には、リンカーン大統領夫人がパールネックレスとイヤリングを大統領就任舞踏会で身につけるなど、国の重鎮にも愛用されてきました。また、1903年にはティファニーの宝石鑑定士によりアクセサリーに用いられる貴石・クンツァイトが発見されるなど、ジュエリーの歴史にとっても重要な存在といえます。

 ジュエリーコレクションでは、本店の象徴的な存在であるアトラスクロックをイメージした「アトラス」コレクションや、ティファニーの名デザイナーの一人「エルサ・ペレッティ」が手掛けた「オープンハート」などが有名です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ファッション」のアクセスランキング