メディア

「ウイスキーの消費量が多い都道府県」ランキング! 1位は「山梨県」【人口10万人あたり/2019年データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

第1位:山梨県(333.8キロリットル)

advertisement

解説

 第1位は山梨県でした。2019年4月から2020年3月までにおける、20歳以上の人口10万人あたりのウイスキーの消費量は333.8キロリットルです。

 山梨県はジャパニーズウイスキー「白州」の蒸溜所がある地域としても知られています。同蒸溜所には、ウイスキーの歴史や白州のこだわりを知ることができる「ウイスキー博物館」や「BAR白州」などの施設が併設されており、思い思いにウイスキーを楽しめます。また有料ですが、白州蒸溜所ツアーに参加すれば、スタッフによる案内で製造工程の見学もできます(予約必須)。

 山梨県はワインだけでなく、ウイスキーを楽しみたいときにもおすすめです。お酒が好きなら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

画像:写真AC

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「お酒」のアクセスランキング