メディア
画像:写真AC

東京の「キーマカレー・ドライカレーがうまい店」8選! 一番好きな店はどこ?【人気投票実施中】

画像:写真AC
ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「キーマカレー」と「ドライカレー」はどちらもよく似た料理ですが、その違いが分かるでしょうか。キーマカレーはもともとインド料理で、ひき肉を使ったカレー全般のことを指し、中にはスープ状のものもあります。

 一方、ドライカレーは日本で独自の進化を遂げた料理で、汁気の少ないカレー全般のことをそう呼びます。ごはんの上にルウをのせたタイプや、ごはんと炒め合わせたチャーハンやピラフタイプのものもすべてドライカレーの一種です。

 今回は「東京のキーマカレー・ドライカレーがうまい店」というテーマについて考えてみましょう。

画像:写真AC
advertisement

東京のキーマカレー・ドライカレーがうまい店

 東京のドライカレーの名店としてよく名が挙がるのは、中野にお店を構える「カフェハイチ」。もともと新宿に本店がありましたが、2011年に惜しまれつつ閉店。その後、2016年に中野にて復活オープンしました。優しい辛さに甘みと旨みの濃いカレーと、名物のコーヒーの組み合わせは鉄板です。

 カレーのビジュアルも味もトップクラスの評価を得ているのは「MOKUBAZA」(北参道)。キーマカレーだけでも10種類以上あり、中でも「アボカドチーズキーマカレー」の美しさは白眉。ごはんと炒め合わせたタイプでは、付け合わせのチキンや野菜もおいしい「本石亭」(新日本橋)や、オムライスの中にスパイスの効いたドライカレーを詰めた「かれんど」(調布)のドライオムなどがあります。

 このほかにも、鶏ひき肉を使った「パンチマハル」(神保町)や、ぱらぱらキーマの「ライオンシェア」(南新宿)、注目の新店である「SANZOU TOKYO」のウルルカレー、ルーロー飯とキーマの合いがけが楽しめる「ケニックカレー」(渋谷)なども個性的な味わい。

 あなたが「東京のキーマカレー・ドライカレーと言えばここ!」というお店はどこですか? コメント欄に書き込んで教えてください!

advertisement

投票方法

 投票は、この記事のコメント欄に直接書き込む方式でお願いします。集計のため、投票したい項目は下の「名前欄」に記入してください。上の「本文欄」では、投票した理由を教えてください。

名前欄に「投票したい項目」、本文欄に「投票理由」

(例)
【本文欄】ドライカレーと言えばここ。コーヒーとのセットが最高
【名前欄】カフェハイチ 中野

 編集部が選んだ、東京の「キーマカレー・ドライカレーがうまい店」8選は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.