メディア

一番かっこいい日本の「超高層ビル」(200m以上)は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 一般的に100m以上のものを指し、街のシンボルとして一際大きな存在感を放つ「超高層ビル」。建築技術の発達によって、現代では多様なデザインのビルが続々と建てられています。

 そこで今回は「一番かっこいい日本の『超高層ビル』(200m以上)は?」というアンケートを実施します。全国各地にさまざまなビルがある中で、あなたが最もかっこいいと思うビルをぜひ教えてください!

 日本にも数ある200mを超える超高層ビルの中から、3つを紹介します。

advertisement

あべのハルカス

 あべのハルカスは大阪府大阪市阿倍野区にある超高層ビル。地上60階、高さは日本最高の300mです。外観デザインを手掛けたのは、ニューヨークの「ブルックフィールド・プレイス」や、マレーシア・クアラルンプールの「ペトロナスツインタワー」など、超高層ビルのデザインで多くの実績をもつシーザー・ペリ氏。

 ビル内には駅や百貨店、美術館、ホテル、オフィスなどさまざまな施設が入っており、一つのビルというよりも「立体都市」をイメージして造られています。

advertisement

東京都庁第一本庁舎

画像:写真AC

 東京都庁第一本庁舎は東京都新宿区西新宿にある超高層ビルです。外観デザインを手掛けたのは、「世界のタンゲ」こと建築家・丹下健三氏。パリのノートルダム大聖堂をモチーフにしたと言われており、聖堂を連想させるようなツインタワー型のフォルムが大きな特徴です。

 フロアのほとんどは東京都の各組織・局のオフィスですが、45階にある地上202メートルの展望台は無料で一般公開されており、観光目的でも見学できます。(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2022年1月より休室中)

advertisement

モード学園コクーンタワー

画像:写真AC

 モード学園コクーンタワーは、東京都新宿区西新宿にある超高層ビル。地上50階、高さは203.65m。ビル内には東京モード学園やHAL東京といった教育施設のほか、コーヒーチェーンや書店などの商業施設が入っています。建築家・丹下健三氏が創業し、現在はその息子の丹下憲孝氏が会長を務める「丹下都市建築設計」が外観デザインを手掛けました。

 建物の名称であるコクーンは英語で繭という意味。繭をイメージした独特で斬新なデザインを採用しつつも、教育施設に欠かせない機能性も両立させています。

advertisement

一番かっこいい日本の「超高層ビル」(200m以上)は?

 ここまで日本にある200m以上の超高層ビルから3つを紹介しました。アンケート欄には45の超高層ビルをリストアップしています。その中から、あなたが最もかっこいいと思うものにご投票ください!

 それではアンケートへのご協力、よろしくお願いします。

画像:写真AC

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.