メディア
画像:写真AC

「500円以下で食べられる東京のうまいラーメン」5選! 一番おすすめの店は?【人気投票実施中】

画像:写真AC
ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 庶民的な食べものの代表格であるラーメンですが、「最近ずいぶん値段が上がったなあ……」と感じている人も多いことでしょう。素材や作り方にこだわった高級路線の店が増え、さらに昨今の原材料高騰などもあいまって、ラーメンの価格は徐々に上昇。トッピングなどを追加すれば、一杯で1000円を超えることは当たり前になってきました。

 そんな中、今でもワンコインでおいしいラーメンを食べさせてくれるお店もあります。今回は「500円以下で食べられる東京のうまいラーメン」というテーマについて考えてみましょう。

画像:写真AC
advertisement

解説

 まずは早稲田に店を構える「メルシー」。創業60年を超える老舗のラーメン(500円)は、どっしりした煮干しベースの醤油スープで、パツッとした細麺との相性抜群。「コイカタ」(スープ濃い目、麺固め)で注文する常連客も多い、中毒性の高い味わいです。塩スープベースの「五目そば」や、昔ながらの「オムライス」「ドライカレー」なども人気。

 お次は新宿西口の「光来」。都会のど真ん中で、しっかりした鶏ガラベースの「中華そば」が430円で食べられます。おつまみも充実しており、チャーハンやギョウザとのセットもお得。北千住の「りんりん」も同じく街中華の名店で、ラーメンは一杯390円。中華屋で食べるカレーや焼きそばも素朴な味わいで、地元民から愛されるお店です。

 ワンコインで食べられるラーメン屋は、なにも老舗ばかりではありません。「天雷軒 神谷町店」の「琥珀醤油拉麺」は、活きアサリ、アゴ、昆布、かつお節から取った分厚いスープに、鶏油や焦がしネギを効かせた現代的な味わい。これで一杯500円は驚くべきコストパフォーマンスの高さです。

 最後は西武池袋線・江古田の「らーめん 太陽」。高円寺にも同名の姉妹店があります。看板メニューの「らーめん」(500円)はふんわりと煮干しが香る食欲をそそるスープで、具には懐かしのナルトも乗った“ザ・中華そば”の味わい。半チャーハンやジャンボ餃子と一緒に食べるのも格別です。

 今では貴重になってきた「ワンコインで食べられるうまいラーメン」。あなたの一番おすすめのお店はどこですか? コメント欄に書き込んで教えてください!

advertisement

投票方法

 投票は、この記事のコメント欄に直接書き込む方式でお願いします。集計のため、投票したい項目は下の「名前欄」に記入してください。上の「本文欄」では、投票した理由を教えてください。

名前欄に「投票したい項目」、本文欄に「投票理由」

(例)
【本文欄】早稲田生のソウルフード。「コイカタ」で食べるのが最高
【名前欄】メルシー

 編集部が選んだ「500円以下で食べられる東京のうまいラーメン」5選は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.