メディア

「知事の年間給料」が多い都道府県ランキング 1位は「神奈川県」【2020年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 各都道府県に存在する「知事」は、予算案をまとめたり、条例案を策定したりする都道府県政のリーダーです。作家の石原慎太郎さんをはじめ、プロレスラーの馳浩さんや弁護士の吉村洋文さんなど、これまでさまざまなキャリアを経た人が知事となり、活躍しています。そんな知事はいったいどれほどの給料を得ているのでしょうか?

 今回は総務省の「令和2年 地方公務員給与の実態」をもとに、「知事の年間給料が多い都道府県ランキング」を紹介します。なお本ランキングは、2020年における各都道府県知事の「年間給料」を順位化したものです。

(出典:総務省「令和2年 地方公務員給与の実態」

advertisement

第2位:埼玉県(1704万円)

 第2位は埼玉県でした。2020年の知事の給料の年額は1704万円です。

 2020年時点における埼玉県知事は大野元裕さんです。大野さんは外交官として活躍し、財団法人中東調査会研究員を2年務めた経験もある外交畑出身の知事。2019年就任の現職で、著書に『「今の中東」がわかる本――ベールに包まれた国々の「素顔」』があります。

 過去にはライオンズクラブの県代表を最年少でつとめたほか、防衛省防衛戦略委員会委員、東京大学非常勤講師、ニッポン放送のコメンテーターなど多岐にわたる活動実績を有しています。

advertisement

第1位:神奈川県(1740万円)

 第1位は神奈川県でした。2020年の知事の給料の年額は1740万円です。

 2020年時点における神奈川県知事は元ニュースキャスターでもある黒岩祐治さんです。フジテレビ社員、国際医療福祉大学大学院教授を経て、2011年4月に神奈川県知事となった黒岩さんは、現在も3期目をつとめる現職知事。企業誘致に積極的であり、「セレクト100」というプランでは100社の企業誘致を成功させた実績もあります。また観光分野では「城ヶ島・三崎」「大山」「大磯」の3地域を対象に、「第4の観光の核」としての都市づくりや取り組みを推進中です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.