メディア

好きな「犬種」ランキングTOP30! 1位は「ウェルシュ・コーギー(コーギー)」【5月13日は愛犬の日】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日5月13日は「愛犬の日」です。犬の飼育情報などを紹介する雑誌『愛犬の友』を発行していた誠文堂新光社が、当時の社長を中心として1956年にイベントを開催したことに由来しているようです。そのイベントでは、犬のファッションショーなどさまざまな企画が行われました。

 そんな「愛犬の日」にちなんで、今回は「好きな犬種ランキング」(2022年3月ねとらぼ調べ・回答数8564票)をご紹介します。家族の一員として犬を迎える人が多いなかで、人気となったのはどの犬種なのでしょうか? さっそくランキングを見ていきましょう。

advertisement

第2位:柴犬(豆柴を含む)

画像:PIXTA

 第2位は、1869票を集めた「柴犬(豆柴を含む)」。日本で古くから人間とともに暮らしていたという柴犬は、代表的な日本犬として知られる存在。ふわふわした毛に、つぶらな瞳とくるんと巻いたしっぽがかわいらしいですよね。

 忠誠心も高く賢い性格ながら、頑固な一面も持ち合わせている柴犬。どこか人間らしさを感じるような、豊かな表情も魅力の一つです。コメント欄では「うちには赤柴、黒柴、白柴がいますがホンマにお利口さんです」「世界一かわいい生き物だと思っています」との声が挙がっています。

advertisement

第1位:ウェルシュ・コーギー(コーギー)

画像:PIXTA

 そして第1位は、2657票を集めた「ウェルシュ・コーギー(コーギー)」でした。イギリス原産のウェルシュ・コーギーは、もともと牧羊犬として活躍していた犬種。「ペンブローク」と「カーディガン」の2種類が存在し、かつては同一犬種とみなされていましたが、現在は別の犬種として扱われています。

 特に広く知られているのは「ペンブローク」で、街中でも見かけるのはもちろん、イギリス王室でも長年愛されていることでもおなじみ。胴長短足という愛らしい容姿や、非常に賢く人懐っこい性格が魅力です。コメント欄では「アクティブで好奇心旺盛、食欲旺盛で愛くるしく、親馬鹿にさせてくれる家族です」「とにかく表情豊か。前向きで明るく人懐っこい性格にも癒されます」との声が挙がっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.