メディア

運転免許保有者数が多い都道府県ランキング! 第1位は山梨県!【2021年データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 自動車の運転に必要な運転免許。その保有者数は第一種と第二種を含めて8189万5559人と、人口の半数以上を占めています。そんな車社会の現代において運転免許保有者数が多いのは、どの都道府県なのでしょうか?

 今回は警察庁交通局運転免許課「運転免許統計(令和3年版)補足資料1」および総務省「令和2年国勢調査」を基に、運転免許保有者数が多い都道府県ランキングをお送りします。なお、免許保有者数(第一種および第二種)は2021年、人口は2020年のデータを採用しています。

(出典元:警察庁交通局運転免許課「運転免許統計(令和3年版)補足資料1」総務省「令和2年国勢調査」

advertisement

第2位:群馬県(72.1%)

 第2位は群馬県でした。人口に占める運転免許保有者の割合は72.1%です。

 群馬県は総人口でみた1人あたりの自家用乗用車保有台数が0.696台となっており、これは全国で1位の値です(2019年3月末時点)。ちなみに2位が栃木県、3位が茨城県となっており、TOP3が北関東の県で占められています。

advertisement

第1位:山梨県(72.4%)

 第1位は山梨県でした。人口に占める運転免許保有者の割合は72.4%です。

 今回のランキングにおける全国平均の値は64.9%で、山梨県の割合はそれを7ポイント以上も上回っています。ちなみに最下位は山梨県の隣にある東京都。運転免許保有者の割合は57.6%と、山梨県を15ポイント近く下回る割合でした。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング