メディア

「岐阜県」で面積が大きい市町村ランキングTOP30! 1位は「高山市」【2021年データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 岐阜県は約1万621平方kmの面積を持つ県。その内訳は市部が8455.13平方km、郡部が2166.16平方kmとなっています。そんな岐阜県の各自治体の中で最も面積が大きいのはどの市町村なのでしょうか?

 今回は国土地理院の資料をもとに「岐阜県の面積が大きい市町村ランキング」をお送りします。

出典:国土交通省 国土地理院「令和3年 全国都道府県市区町村別面積調(10月1日時点)

advertisement

第2位:郡上市(1030.75平方km)

 第2位は郡上市でした。面積は1030.75平方kmです。

 郡上市は岐阜県の中濃地域にある市で、下呂市や美濃市、福井県の大野市などに隣接しています。同市は平成の大合併により郡上郡7町村が合併してできたエリア。その面積は東京23区の1.5倍以上です。日本三大盆踊りである「郡上おどり」が有名な市でもあります。

advertisement

第1位:高山市(2177.61平方km)

画像:写真AC

 第1位は高山市でした。面積は2177.61平方kmです。

 高山市は岐阜県の北部にある市で、下呂市や飛騨市などのほか、4つの県の自治体とも隣接しています。同市は日本の市区町村としては最も面積の大きい自治体であり、2位の浜松市(1558.06平方km)とも600平方km以上の差をつけています。また、1つの自治体でありながら一部の都道府県よりも広く、その面積は大阪府や香川県以上です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.