メディア

【広島県】人口の多い市区町村ランキングTOP20! 1位は福山市【2020年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 広島県には、アニメ映画「この世界の片隅に」の舞台となった呉市や、中国・四国地方における一大都市である広島市など、数多くの市区町村があります。その中で、人口が多いのはどこなのでしょうか? 今回は2020年の国勢調査をもとに、広島県の人口が多い市区町村ランキングTOP20をお送りします。

(出典:e-Stat「令和2年国勢調査 」

advertisement

第3位:呉市(21万4592人)

画像は「写真AC」より引用

 第3位は呉市でした。人口は21万4592人です。

 アニメ映画「この世界の片隅に」の舞台ともなった呉市。その人口は戦前の1943年には40万人を超えていました。現在も21万人超ではあるものの、2015年から2020年にかけての人口減少率は中核市で最も高く、早晩20万人を下回ることが予測されます。

advertisement

第2位:広島市安佐南区(24万7020人)

画像は「写真AC」より引用

 第2位は広島市安佐南区でした。人口は24万7020人です。

 広島市には8つの区がありますが、その中で最多の人口を誇るのが安佐南区。かつては農業の盛んな地域であった過去を持ち、現在は広島市中心部へのアクセスの良さから、人口が増加しています。

advertisement

第1位:福山市(46万930人)

画像は「写真AC」より引用

 第1位は福山市でした。人口は46万930人です。

 2位以下を大きく引き離した福山市は備後地方における最大都市。新幹線「のぞみ」の停車駅でもあることから、ご存じの方も多いでしょう。同市における2015年の人口は46万4811人であり、2020年時点では微減となっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング