メディア
ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 キーボードアプリ「Simeji」は、「Z世代」と呼ばれる10歳~24歳までの若者を対象に2021年のトレンドについて調査。その結果を「Simeji presents Z世代トレンドアワード2021」として発表しました。

 その中から、今年は「コト部門」として分類された「顔文字大賞」を紹介します。2021年の若者たちの間で人気を集めた顔文字はなんだったのか、結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:( •᷄ὤ•᷅ )【よみ:お】

 第3位は「( •᷄ὤ•᷅ )」(よみ:お)でした。眉間にシワを寄せたしかめっ面を表した顔文字です。回答者からは「このご時世眉間にシワが寄るようなことばかり」「あまりよくない一年だった」といった理由が寄せられていたようですが、中には「デザインのブサカワさが暗い気持ちを薄めてくれる」といった意見も見受けられました

advertisement

第2位:( ˶ー̀֊ー́ )੭”【よみ:ぐっ】

 第2位には「( ˶ー̀֊ー́ )੭”」(よみ:ぐっ)がランクイン。「いいね!」と親指を立てているようにも、ガッツポーズで気合を入れているようにも見える顔文字。いずれにしてもポジティブな印象の顔文字であることから、回答者からは「今年一年前向きにがんばれた!」「昨今の感染症をみんなで乗り越えていく気持ちが表れているから!」といった前向きな意見が寄せられていました。

advertisement

第1位:はにゃ(੭ ᐕ))?【よみ:はにゃ】

 そして第1位は「はにゃ(੭ ᐕ))?」(よみ:はにゃ)でした。お笑いタレントでYouTuberとしても活躍している丸山礼さんが火付け役となり、2021年の若者の間でトレンドワードにもなった「はにゃ」を表現した顔文字です。何か困ったときにかわいらしくごまかすという意味が込められていて、回答者からは「うざいけどなんかカワイイ♡」「みんな使ってる!」といった声があがっていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング