メディア

ご飯のために降りる山手線の駅ランキングTOP30! 第1位は「上野駅」に決定!【2021年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年11月1日から2021年11月13日までの間、ねとらぼ調査隊では「ご飯のために降りる山手線の駅は?」というアンケートを実施しました。

  山手線の沿線には、グルメな人たちが集う名店や歴史のある老舗店など、知る人ぞ知る飲食店がたくさんあります。そんな山手線の沿線でご飯を食べるために降りる駅として、最も支持されたのはどの駅でしょうか?

 今回のアンケートでは計436票の投票をいただきました。たくさんの投票ありがとうございます! それでは投票結果を見ていきましょう。

advertisement

第3位:御徒町

画像は「写真AC」より引用

 第3位は「御徒町」です。全体の6.4%となる票数を獲得して、3位となりました。江戸の情緒が感じられ、上野駅と秋葉原駅のおよそ中間に位置する御徒町。それだけに駅周辺だけでも数多くの飲食店が点在しています。

 カツレツで有名な老舗洋食店「ぽん多本家」や、どらやきが看板商品の「うさぎや」など、名店がずらりと立ち並ぶ街。和洋中にエスニック、甘味と幅広いお店から自分好みの味を見つけられる楽しさにあふれた街といえるでしょう。

advertisement

第2位:池袋

画像は「写真AC」より引用

 第2位は「池袋」です。全体の7.3%となる票を集めて、2位にランクインしました。1日の平均利用者数で新宿や渋谷と肩を並べるターミナル駅であり、毎日多くの人々が乗り降りをする池袋駅周辺には、つい立ち寄りたくなるお店が多数。

 ボリューム満点のジャンボ餃子が人気の「開楽 本店」や、ラーメンマニアも絶賛の「中華そば しながわ」、ハワイアンなテイストが人気の「麺屋 Hulu-lu」、池袋トップクラスの人気店「鶏の穴」など、中華に絞っただけでも特色あるお店が豊富に並んでいます。

advertisement

第1位:上野

画像は「写真AC」より引用

 第1位は「上野」でした! 全体の13.1%となる票を獲得し、堂々の1位に選ばれています。山手線の駅の中でも、隠れた名店や人気店が多い上野。駅直結の「アトレ上野」や異国の情緒が感じられる「アメヤ横丁」があり、さまざまなジャンルのグルメ店で溢れているのも特徴です。

 明治8年創業の会席料理店「韻松亭」や、 粋な蕎麦をたしなみたい時におすすめの「上野藪そば」など、老舗の名店も数多く残る上野。一方で、本格的な南インド料理が食べられる「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」や、本場のタイ人シェフが作る本格タイ料理が味わえる「シャー・トムヤムクン・ポーチャナー」など、多国籍料理もカバー。老舗から新しい名店まで、多種多様な食事を楽しめるのが上野の良さでしょう。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.