メディア

「永作博美」出演映画で一番好きな作品はなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 アイドルとして芸能界デビューを果たし、現在は女優として活躍している永作博美さん。「海猿」や「半径5メートル」など数々のドラマに出演するかたわら、2000年代からは映画でも存在感を示すようになり、数々の映画賞を受賞するなど輝かしい活躍を遂げています。

 そこで今回は、「永作博美さん出演映画で一番好きなのはどれ?」というアンケートを実施します。永作さんの出演映画から、最もあなたの記憶に残っている作品を教えてください。それではまず、3作品を抜粋して紹介します。

advertisement

人のセックスを笑うな

画像は「Amazon.co.jp」より引用
人のセックスを笑うな(スマイルBEST) [DVD]"

人のセックスを笑うな(スマイルBEST) [DVD]

永作博美, 松山ケンイチ蒼井優, 忍成修吾
1,971円(12/02 03:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

 2008年に公開された「人のセックスを笑うな」は、山崎ナオコーラさんの同名小説が原作です。きわどい作品名とは裏腹に、年の離れた男女の純愛を題材にしています。

 永作さん演じるユリは、39歳の美術講師。絵のモデルを頼んだ19歳の美術学校生・みるめがユリに恋してしまったことをきっかけに、既婚者にもかかわらず愛し合うようになります。自然体で自由奔放なユリを、永作さんは年上女性の魅力たっぷりに演じていましたよね。相手役の青年を演じた松山ケンイチさんとじゃれ合う姿は、本当のカップルのような距離感でした。

advertisement

八日目の蝉

画像は「Amazon.co.jp」より引用
八日目の蝉 通常版 [DVD]"

八日目の蝉 通常版 [DVD]

井上真央, 永作博美, 小池栄子, 森口瑤子
3,000円(12/02 03:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

 2011年に公開された「八日目の蝉」は、角田光代さんの同名小説が原作。不倫相手の赤ん坊を誘拐した女性の逃亡劇とともに、誘拐事件に巻き込まれた赤ん坊のその後の人生を描いたヒューマンドラマです。サスペンスの要素を織り交ぜつつ、家族や母性に焦点を当てた物語は、日本アカデミー賞をはじめとした名だたる映画賞を総なめにしました。

 永作さんが演じたのは、誘拐犯として逃亡生活を送ることになる野々宮希和子。警察に指名手配されながらも、たくさんの愛情を赤ん坊に注ぎ、3年以上にわたって逃亡生活を続けます。永作さんの心揺さぶる演技に胸を打たれる作品です。

advertisement

朝が来る

画像は「Amazon.co.jp」より引用
朝が来る [DVD]"

朝が来る [DVD]

永作博美, 井浦新, 蒔田彩珠, 浅田美代子, 佐藤令旺, 田中偉登, 中島ひろ子, 平原テツ, 駒井蓮, 山下リオ
3,227円(12/02 03:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

 2020年に公開された「朝が来る」は、辻村深月さんの同名小説を原作とした映画。子宝に恵まれなかった夫婦と、望んでいないタイミングで妊娠した少女、それぞれの葛藤を描いています。

 永作さん演じる栗原佐都子は、長い不妊治療の末に特別養子縁組を選択した女性。ある日、息子を返してほしいと言う母親を名乗る女性が出現し、生活が一変します。息子との生活を守りたいと願う母親の感情を、永作さんは切々と表現していましたよね。

advertisement

あなたが一番好きな永作博美さん出演映画は?

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 主役から脇役まで、さまざまな役柄を幅広くこなす永作さんが出演する映画は、一度見るとぐっと引き込まれる作品も多いですよね。今回紹介した映画以外にも、「四十九日のレシピ」「夫婦フーフー日記」などに出演しています。

 今回のアンケートでは、23作品を選択肢に用意しました。イチオシ作品への投票とともに、好きなシーンやセリフなど、映画の感想もコメント欄で教えてくださいね。それでは、投票お待ちしています!

永作博美さん出演映画で一番好きなのはどれ?
合計:38票
実施期間:2021/11/25〜2021/12/01
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.