メディア

「首都圏の住みたい街」ランキングTOP20! 一人暮らしの女性が選んだ2位の「池袋」を上回る1位は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 女性向け賃貸物件検索サイト「Woman.CHINTAI」は、同サイトに掲載された賃貸物件のうち、2020年に問い合わせの多かった駅名を集計した「住みたい街ランキング」を発表しました。今回は、首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)の駅を対象とした、「首都圏の住みたい街ランキング」を見ていきましょう。

 なお、同じく「Woman.CHINTAI」では、関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)在住の18歳~39歳の未婚女性を対象に、1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の中で「一度は住んでみたい憧れの街ランキング」をアンケート形式で実施。「住みたい街」と「憧れの街」を比較することで、女性の居住エリアに関する「理想」と「現実」が見えてきました。

※記事内で記載の家賃相場は、全て2021年9月27日時点のものです

(出典:Woman.CHINTAI「一人暮らし女性が選んだ憧れの街・住みたい街ランキング」

advertisement

第3位:北千住

画像は「写真AC」より引用

 第3位は「北千住」で問い合わせ数は269件。東京都足立区に位置する北千住は、千葉県・埼玉県・茨城県へのアクセスがよく、駅と直結した商業施設が3つあるため、休日や仕事帰りのショッピングを気軽に楽しめます。家賃相場は1Kで6.8万円と、東京都23区内の中でも比較的安価な街であることも、魅力の一つといえるでしょう。

 

advertisement

第2位:池袋

画像は「写真AC」より引用

 第2位は「池袋」で問い合わせ数は344件。池袋周辺には大学が多いため、比較的学生や若者が多い街です。家賃相場は1Kで8.37万円と、安価とはいえませんが、池袋駅直結の百貨店や水族館、プラネタリウムが併設された大型複合施設もあるため、充実した休日を過ごせそうです。

advertisement

第1位:西川口

画像は「写真AC」より引用

 住みたい街ランキングで第1位となったのは、問い合わせ数が359件の「西川口」。埼玉県に位置する西川口の魅力はなんといってもアクセスのよさ。JR京浜東北線が通っており、東京駅など都心へのアクセスも乗り換えなしで30分程であるにも関わらず、家賃相場は1Kで6.6万円と比較的安価な街です。また、駅直結のショッピングセンターや24時間営業スーパーマーケットがあり、生活がしやすいのもポイントです。

 なお、「憧れの街」ランキングでは第1位「吉祥寺」、第2位「横浜」、第3位「新宿」と、利便性が高く、商業施設などが多い繁華街が並びました。「住みたい街」ランキングとの顕著な違いは「家賃相場」で、「憧れの街」トップ10の家賃相場平均は約9.3万円であるのに対し、「住みたい街」トップ10の家賃相場平均は約7.8万円と、1.5万円の差が出る結果となりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.