メディア

「吉高由里子」出演ドラマで好きな作品は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 映画「蛇にピアス」への出演をきっかけに、ブレイクを果たした吉高由里子さん。数々のドラマや映画でその確かな演技力を発揮しており、また自身のTwitterなどで見せる天真爛漫で明るい素顔も魅力です。2021年10月からはTBS系のドラマ「最愛」で連続殺人事件の重要参考人となる実業家の女性を演じており、物語の衝撃的な展開もあり目が離せませんよね。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「あなたの好きな吉高由里子さん出演のドラマは?」というテーマでアンケートを実施します。吉高さんがこれまで出演してきたドラマでイチオシの作品を教えてください! それでは投票対象となる作品から、3作品を抜粋して紹介します。

advertisement

花子とアン

 2014年に放送されたNHKの連続テレビ小説「花子とアン」では、吉高さんが主演を務めました。『赤毛のアン』などの児童文学作品の日本語訳を手掛けた、翻訳家の村岡花子さんをヒロインのモデルにした作品となっており、吉高さんは道ならぬ恋に悩んだり、息子の死に激しく苦悩したりしながらも、翻訳家として懸命に生きていく女性を演じました。

advertisement

東京タラレバ娘シリーズ

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 「東京タラレバ娘」は、東村アキコさんの同名漫画をドラマ化した作品。いつも「タラレバ」を言いながら“女子会”と称して飲んだくれている30歳の独身女性3人が、ある日居合わせた金髪のイケメンに「タラレバ女!」と叱責されたことから、それぞれが現実と向き合い奮闘していく姿を描いています。吉高さんが演じたのは、恋も仕事もうまくいかない脚本家・鎌田倫子。金髪イケメン男こと人気モデルのKEYと出会ったことで変わっていく倫子を、吉高さんはキュートに演じていました。

advertisement

わたし、定時で帰ります。

 2019年放送の「わたし、定時で帰ります。」は、朱野帰子さんの同名小説が原作のドラマ。「残業せずに定時で帰る」をモットーに自分らしく生きる女性が、曲者ぞろいの上司や同僚たちが抱える悩みに寄り添い、問題に立ち向かっていく姿を通して、働く意味や働き方について問いかける物語となっています。吉高さん演じる東山結衣の姿に、憧れを抱いた人も多かったのでは?

advertisement

あなたが一番好きな吉高由里子さん出演ドラマは?

画像は「最愛」公式サイトより引用

 吉高由里子さんの出演ドラマから、3作品を紹介しました。今回紹介した作品以外にも、「知らなくていいコト」や「危険なビーナス」「ガリレオ」などに出演し、魅力的な女性を多く演じていますよね。

 今回のアンケートでは、吉高さんがこれまで出演してきたドラマから、最新作の「最愛」を含んだ18作品をピックアップ。選択肢以外のドラマに投票したい場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄で作品名を教えてください。作品や役柄へのコメントと共に、投票お待ちしています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.