メディア

「水木一郎」さんがアニソンを歌った作品ランキングTOP36! 第1位は「マジンガーZ」に決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 9月27日から10月3日までの間、ねとらぼ調査隊では「あなたが 一番好きな『水木一郎』さんがアニソンを歌った作品は?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、水木一郎さんがこれまで主題歌などを歌ってきた計40作品。投票項目にない作品に投票したい場合は「その他」に投票のうえ、コメントで作品名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは計684票の投票をいただきました。たくさんのご投票、ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:鋼鉄ジーグ(OP/ED)

Amazon.co.joより引用

 第10位は「鋼鉄ジーグ」でした。「今にみていろ ハニワ幻人 全滅だ」といった荒々しい歌詞のOPが特に印象的ですね。

advertisement

第10位:プロゴルファー猿(OPテーマ)

Amazon.co.joより引用

 道立順位で第10位に「プロゴルファー猿」もランクイン。ハチャメチャな展開の作品を象徴するかのように、OPも壮大な曲に仕上がっています。

advertisement

第10位:アローエンブレム グランプリの鷹(OP/ED)

Amazon.co.joより引用

 同率順位の第10位に「アローエンブレム グランプリの鷹」もランクイン。カーレースを題材とした作品らしく、疾走感が伝わるOPとなっています。

advertisement

第9位:ルパン三世 (エンディング「ルパン三世愛のテーマ」)

Amazon.co.joより引用

 第9位は「ルパン三世」でした。スローテンポな曲調で、どこか寂しさを感じさせるようなEDです。

advertisement

第8位:真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ(OP/ED)「JAM Project featuring 水木一郎、影山ヒロノブ」名義

Amazon.co.joより引用

 第8位は「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」でした。水木一郎さんと影山ヒロノブさん、アニソン界における2人のレジェンドが共演。「JAM Project featuring 水木一郎、影山ヒロノブ」として参加しています。

advertisement

第7位:とんでも戦士ムテキング(OPテーマ)

Amazon.co.joより引用

 第7位は「とんでも戦士ムテキング」でした。タツノコプロ制作のヒーロー作品。主人公を応援するような歌詞と、ポップなパーカッションが耳に残ります。

advertisement

第6位:グレートマジンガー(OP/ED)

Amazon.co.joより引用

 第6位は「グレートマジンガー」でした。前作の「マジンガーZ」に引き続き、水木さんがOP曲とED曲を担当。「ダッシュ! ダッシュ! ダンダンダダン」から始まるOPは疾走感に溢れており、テンションが上がります。

advertisement

第5位:真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日(OPテーマ)

Amazon.co.joより引用

 第5位は「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」でした。泥臭くもカッコよさを感じる曲で、わかりやすく鼓舞する歌詞が心をくすぐります。

advertisement

第4位:超電磁ロボ コン・バトラーV(OP/ED)

Amazon.co.joより引用

 第4位は「超電磁ロボ コン・バトラーV」でした。「V V V!ビクトリー!」という軽快なシャウトと共に始まるOPが印象的なロボットアニメです。

advertisement

第3位:宇宙海賊キャプテンハーロック(OP/ED)

Amazon.co.joより引用

 第3位は「宇宙海賊キャプテンハーロック」でした。全体の11.3%となる票数を獲得。「銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」と並び、松本零士ブームのきっかけとなった作品のひとつ。

 水木さんが担当したOP曲とED曲はどちらも壮大な宇宙を舞台にした物語にピッタリの楽曲で、張りがある水木さんの優しい歌声にマッチしています。

第2位:バビル2世(OP/ED)

Amazon.co.joより引用

 第2位は「バビル2世」。全体の12%となる票数を獲得しました。超能力者のバビル2世と、世界征服を企む超能力者・ヨミの死闘を描いたSF作品。水木さんはOP曲「バビル2世」と、ED曲「正義の超能力少年」を担当しました。特にOP曲のイントロが好評です。

第1位:マジンガーZ(OP/ED)

Amazon.co.joより引用

 第1位は「マジンガーZ」。全体の18%となる票数を獲得しました。1972年から1974年にかけて放映された、ロボットアニメの金字塔。水木さんはOP曲「マジンガーZ」と、ED曲「ぼくらのマジンガーZ」を担当しました。

 水木さんの「ゼーット!」という決めゼリフはマジンガーZのOPに由来するもので、名実ともに水木さんの代表曲となっています。コメントでは「アニキといったらマジンガーZ!」「歌詞がすばらしいです」といった声が寄せられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.