メディア

 「いだてん」最終回のおさらい! 最終回の内容と評価をお届けします。  1964年、東京オリンピック開催。それを実現させるために奔走した金栗四三、田畑政治の姿を脚本家宮藤官九郎が描きました。主人公が1部、2部で交代する構成や数多くの伏線が張り巡らされたストーリー展開で話題のいだてん。そして遂に最終回です! …

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

関連タグ