メニュー
ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 国際通貨基金(IMF)は25日、日本は消費税率を2030年までに15%に上げる必要があるとする報告書を公表しました。高齢化が進む日本では年金や医療費などの社会保障費が増え続け、国の財政運営が厳しくなると指摘しています。 消費税率「2030年までに15%、2050年までに20%に」  IMFのゲオルギエワ専務理事は都内で行われた記者会見で、日本の金融政策や財政政策は改善の必要があると…

関連タグ

ランキング