【50代が選ぶ】1980年代を代表すると思う「男性ソロアーティスト」ランキングTOP27! 第1位は「桑田佳祐」【2024年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊ではアンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の50代を対象に「1980年代を代表する男性ソロアーティスト」というテーマでアンケートを実施しました。

 全国の50代から「1980年代を代表する」と支持されたのは、どの男性ソロアーティストだったのでしょうか?

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2024年1月11日
調査対象全国の50代
有効回答数318票
advertisement

【50代が選ぶ】1980年代を代表すると思う「男性ソロアーティスト」ランキングTOP27

出典:Amazon.co.jp
KEISUKE KUWATA"

KEISUKE KUWATA

桑田佳祐
2,026円(04/14 14:42時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:稲垣潤一

出典:Amazon.co.jp
SHYLIGHTS(紙ジャケット仕様)"

SHYLIGHTS(紙ジャケット仕様)

稲垣潤一
2,664円(04/14 14:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は稲垣潤一さんで、得票率は9.7%でした。1982年に「雨のリグレット」でデビューした稲垣さんは、ドラムを叩きながら歌うスタイルで一躍有名に。「ドラマティック・レイン」「夏のクラクション」など、1980年代には多くのヒット曲を生み出してきました。

 1983年および1986年には日本レコード大賞の「ベストアルバム賞」、1987年には「思い出のビーチクラブ」で日本作曲大賞の大賞を受賞しました。

advertisement

第1位:桑田佳祐

出典:Amazon.co.jp
いつか何処かで(I FEEL THE ECHO)"

いつか何処かで(I FEEL THE ECHO)

250円(04/14 14:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は得票率15.7%の桑田佳祐さんでした。1978年に「サザンオールスターズ」のメンバーとしてデビューし、次々と大ヒット曲を生み出してきました。

 そんな桑田さんは、1987年からソロ活動をスタート。1980年代にはシングル「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」「いつか何処かで(I FEEL THE ECHO)」、アルバム「Keisuke Kuwata」などをリリース。2022年にはソロアーティスト史上初となる3度目の5大ドームツアーを実施しました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング