メディア

永住したい「福島県の街」は?【人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 東北地方の中で最も南に位置し、全国で3番目に広い面積を誇る「福島県」。海洋性気候で過ごしやすい「浜通り」、政治経済の中心地「中通り」、自然スポットと歴史スポットが交わる「会津地方」と、エリアごとに異なる魅力がある県です。

 そこで今回は「永住したい『福島の街』は?」というアンケートを実施します。交通の利便性や自然の多さなど、自分なりの基準で永住したい街にご投票ください。まずは、編集部がピックアップした3つの街を紹介します。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

福島市

画像:写真AC

 福島県の北部に位置し、西は吾妻連峰、東は阿武隈高地に囲まれている「福島市」。夏と冬の寒暖差が大きい盆地特有の気候により、おいしい果物がたくさん採れる「くだもの王国」としても知られています。

 交通面では東北自動車道や東北中央自動車道に加え、東北・山形新幹線、東北本線、山形線などの鉄道路線を利用でき、各方面へのアクセスが良好です。県庁所在地ということで行政サービスも充実しているため、交通や生活の利便性を重視したい人に向いています。

advertisement

会津若松市

画像:写真AC

 「会津若松市」は福島県西部に位置する街。江戸時代に会津藩の城下町として栄えた歴史があり、戊辰戦争の舞台となった「鶴ヶ城」や、「白虎隊記念館」などの歴史スポットが多く見られます。

 会津若松市の気候は、日本海側と内陸の盆地の特徴を併せ持っており、四季の移ろいがはっきりしている傾向にあります。季節ごとの雰囲気を楽しみながら暮らしたり、歴史・伝統を感じながら暮らしたりするのにぴったりです。

advertisement

郡山市

画像:写真AC

 「郡山市(こおりやまし)」は会津若松市の右隣、福島県のほぼ中央に位置する街。県内ではいわき市に次ぐ人口を誇っています。経済規模でも、東北地方で仙台市に次ぐ第2位に位置づけられている東北の拠点都市です。

 交通面では東北・磐越自動車道が通るほか、東北・山形新幹線、東北本線、磐越東線といった鉄道路線も。便利な交通環境が整備されている一方で、街に西側には猪苗代湖(いなわしろこ)を中心とした自然スポットが広がっています。暮らしの利便性と自然をバランスよく備えているところが魅力的です。

advertisement

永住したい「福島の街」は?

 ここまで福島県にある地域の中から3つを紹介しました。このほか、さまざまな街が福島県にはあります。その中で、永住したい「福島の街」はどこでしょうか。それではアンケートへのご協力、よろしくお願いします。

永住したい「福島県の街」は?
実施期間:2024/02/12 00:00 〜 2024/02/19 00:00
投票は1度、最大3つまでチェック可能
投票は締め切りました

参考

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「住まい」のアクセスランキング