【60代が選ぶ】「ギターを習ってみたい日本人ギタリスト」ランキングTOP15! 第1位は「布袋寅泰」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、60代の人を対象に「ギターを習ってみたい日本人ギタリスト」というテーマでアンケートを実施しました。

 日本では1980年代後半から1990年代前半にかけてバンドブームが起き、自ら楽器を演奏した人も増えました。そんなバンドブームも知る60代の人から「ギターを習ってみたい」と人気を集めたギタリストは誰だったのでしょうか。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年2月16日
調査対象60代の男女
有効回答数121票
advertisement

【60代が選ぶ】「ギターを習ってみたい日本人ギタリスト」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第5位:松本孝弘(B’z)

出典:Amazon.co.jp
TAK MATSUMOTO PLAYER'S BOOK"

TAK MATSUMOTO PLAYER’S BOOK

3,600円(05/22 23:14時点)
発売日: 2021/05/10
Amazonの情報を掲載しています

 第5位は「松本孝弘」さん。1988年5月にソロギタリストとしてデビューし、同年9月に稲葉浩志さんとのロックユニット「B’z」としてデビューを果たします。

 1999年6月には、アメリカの大手音楽メーカー「Gibson」から、日本人として初めてレスポール「シグネチュア・アーティスト」に選出されました。現在も、B’zの活動と並行してソロ活動や他アーティストへの楽曲提供など、精力的に活動を行っています。

advertisement

第4位:村治佳織

出典:Amazon.co.jp
シネマ(通常盤)"

シネマ(通常盤)

村治佳織
2,570円(05/22 23:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第4位は「村治佳織」さんです。村治佳織さんは、1978年生まれのクラシック・ギタリスト。小さい頃から数々のコンクールで優勝を果たし、1993年にCDデビューを果たしました。2003年に英国の名門レーベル「DECCA」と日本人初の長期専属契約を結びます。

 近年では、2018年9月リリースしたアルバム「シネマ」が、第33回日本ゴールドディスク大賞インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。翌2019年には初のエッセイ本『いつのまにか、ギターと』を出版します。このほか、2021年には映画「いのちの停車場」のエンディングテーマを手がけました。

advertisement

第3位:高中正義

出典:Amazon.co.jp
高中正義 TAKANAKA SUPER LIVE 2022 SAUDADE (通常盤) (Blu-ray)"

高中正義 TAKANAKA SUPER LIVE 2022 SAUDADE (通常盤) (Blu-ray)

高中正義
4,278円(05/22 23:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第3位は「高中正義」さんです。1953年生まれ、東京都出身のギタリスト。高中さんは、1971年にバンド「フライド・エッグ」にベーシストとして参加。その後1972年に「サディスティック・ミカ・バンド」にギタリストとして参加します。

 「サディスティック・ミカ・バンド」解散後の1976年にソロデビュー。海外アーティストとの共演も多く、フュージョン界のトップ・ギタリストとして活躍しています。

advertisement

第2位:Char

出典:Amazon.co.jp

 第2位は「Char」さんです。Charさんは、1955年東京生まれのギタリスト。8歳でギターを始め、10代のころからスタジオミュージシャンとして音楽活動を開始。1976年「Navy Blue」でソロデビューしました。代表曲には「Smoky」「気絶するほど悩ましい」「闘牛士」などがあります。

 2016年にはギターマガジン誌による、音楽関係者へのアンケート投票で「ニッポンの偉大なギタリスト100」の1位に選ばれ、2020年には同誌の「ニッポンの偉大なギター名盤」でファーストアルバム「Char」が1位に選ばれました。

advertisement

第1位:布袋寅泰

出典:Amazon.co.jp
GUITARHYTHM Ⅶ (通常盤)"

GUITARHYTHM Ⅶ (通常盤)

布袋寅泰
2,539円(05/22 23:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「布袋寅泰」さんです。1982年にロックバンド「BOØWY」のギタリストとしてデビューした布袋さん。1988年にバンドが解散すると、ソロアーティストとしての活動を開始しました。映画「新・仁義なき戦い。」のメインテーマとして書き下ろした「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」は、ハリウッド映画「キル・ビル」でもメインテーマとして使用されています。

 2021年に開催された「東京パラリンピック」の開会式では、迫力の演奏を披露し、話題となりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング