メディア

いつもより満月が大きく見える“スーパームーン”がトレンド入り 「癒された」「照らされた桜が幻想的な美しさ」などの声

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 4月7日夜から4月8日は地球と月の距離が1番近くなる日で、いつもより満月が大きく見える「スーパームーン」が観測されました。

 観測された日は北海道から九州にかけて広い範囲で晴天となり、多くの人たちがスーパームーンを観察していたようです。

 そんなスーパームーンは、4月7日からTwitterトレンド入りするほどの話題に。ネットではどのような反応があったのかを見ていきましょう。

ネットではポジティブな反応が多数

 SNS分析ツールで「スーパームーン」を解析した結果、ポジティブな反応が75.4%、ネガティブな反応が24.6%と分類されました。

 4月7日から徐々に話題となり、ピークとなる18時には1万6000件を超えるツイートが投稿されました。

advertisement

「月が落ちてきそう」「癒された」スーパームーンを見た人の感想

 SNS分析ツールで「スーパームーン」を解析した結果、スーパームーンに対して「きれい」「大きい」といった単語が頻出していました。

 実際にスーパームーンを見たユーザーからは「スーパームーン、きれいです」「月がかなり大きくて、落ちてきそう。きれい!」といった声が寄せられています。

 中には「きれい」だけでなく「家のベランダからですけど癒やされましたね〜」と、心がなごんだという声も見られました。

advertisement

桜とスーパームーンのコラボレーション

  スーパームーンが観測されたタイミングでは、まだ桜が散っていない地域もあり「今夜の月は桜と一緒で嬉しそうです」と、スーパームーンを桜と一緒に撮影した写真も多く投稿されていました。

 「見ごろを迎えた山口県宇部市、真締川沿いの桜。スーパームーンに照らされて、幻想的な美しさです」「きょう満開が発表された新潟の桜とスーパームーン。最強のコラボレーション」と、貴重な瞬間を収めた写真が多く投稿されていました。

advertisement

さまざまな姿かたちをしたスーパームーン

 Twitterでは、スーパームーンを捉えた写真だけでなく、さまざまな姿かたちをしたスーパームーンの写真が投稿されました。

 住宅の丸窓前に座っている猫を、屋外から撮影した「ネコムーン」。リプライでは「ちゃんとポーズとってる! いいアングルで脱帽」「絵になりますねー! この光景を見たらスキップして玄関入っていくかも」といったコメントが寄せられました。

 また、「月夜のクリームソーダ」と名付けられたドリンクの写真も投稿されていました。月のように丸いグラスに、満月の明るさを再現した黄色のクリームソーダ。リプライでは「オシャレですね~!」「背景が黒なのもこだわっていて素敵です」といったコメントが寄せられています。

調査概要

調査期間2020年4月7日 ~ 2020年4月9日
調査対象Twitter
調査件数16万868 件(10%サンプリング)
調査キーワードスーパームーン
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正
Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.