メディア

「スペースゴジラは悪くない」 カード名「死のコロナビーム」変更騒ぎに「タイミング最悪」「価格高騰しそう」などの声

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 カードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」を出版するWizards of the Coast社は、新たに追加するカードの中に「死のコロナビーム」という文言を含むカード名があったため、カード名の変更と旧カードの削除対応を行うと発表しました。

修正前
修正後

 問題のカードは、マジック・ザ・ギャザリングと東宝怪獣シリーズがコラボした「イコリア:巨獣の棲処」の中に含まれており、当初は「死のコロナビーム、スペースゴジラ」というカード名になる予定でした。コロナビームはスペースゴジラのビーム兵器として知られています。

 初版分は既に印刷後の配送段階にあり、再版分からカード名を「虚空の侵略者、スペースゴジラ」に変更することと、『可能な限りの方法で段階を追って当該カードの削除と変更を行う』ことが発表されました。

「タイミング最悪」「スペースゴジラは悪くない」

 このニュースに対し、ネット上では

原語の「death corona」も最悪だけど「死のコロナビーム」は二重三重にタイミング最悪だったな……

https://twitter.com/SAMEX_1u2y/status/1245750239845212160

「死のコロナビーム」という表記はマズいけど、あのカードが製作された時期はコロナが流行する前だったろうし「コロナビーム」という技名も1994年当時から色々な書籍に載っていましたからね。

だから、スペースゴジラは悪くない。本当にかわいそう…。

https://twitter.com/mgs3pwv124/status/1245866933343248384

 といったコメントが支持を集めています。

advertisement

「変更する必要ある?」「価格高騰しそう」

 カード名の変更に関しては、「不幸な事態だが、やむを得ない」という意見がある一方で、「もともとの技名なのだし、変更する必要があるのか?」や「コロナにはさまざまな意味があり、言葉狩りのように思える」という意見なども見られます。

 また、既に印刷されてしまった初版がそのまま出荷されることについて、「価格が高騰しそう」「激レアカードになるね」などの感想がありました。

advertisement
advertisement

調査概要

調査期間2020年4月3日
調査対象Twitter
調査件数9652 件(10%サンプリング)
調査キーワードコロナビーム
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.