メディア

【ゲームアプリ】「2020年国内総合売り上げ」ランキング! 2年ぶりに首位奪還の「モンスターストライク」が1位! 【2021年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 角川アスキー総合研究所は、国内外のモバイルゲーム市場に関するさまざまなデータを取りまとめたデータ年鑑の最新版『ファミ通モバイルゲーム白書2021』を2021年2月18日に発売しました。

 今回はその中から、ゲームアプリの「2020年国内総合売り上げ」ランキングを紹介します。2020年で最も売り上げが高かったアプリはなんだったのか、結果を見ていきましょう。

画像はプレスリリースより引用
画像はプレスリリースより引用

第3位:パズル&ドラゴンズ

 第3位となったのは、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが配信する“パズドラ”こと、「パズル&ドラゴンズ」。推定売上は約443億円でした。

 パズドラは、その名の通りパズルを解くことで敵と戦闘していくパズルRPG。さまざまなアニメやゲームとのコラボでも知られています。リリースは2012年で、約10年もの間未だ人気の衰えないロングセラータイトルとなっています。

画像はパズル&ドラゴンズ公式サイトより引用
画像は「パズル&ドラゴンズ」公式サイトより引用
advertisement

第2位:Fate/Grand Order

 第2位にはアニプレックスが配信する“FGO”こと「Fate/Grand Order」がランクイン。推定売上は約623億円でした。

 FGOはTYPE-MOONの人気タイトル「Fate」シリーズを題材にしたモバイルゲームで、神話や歴史上の英雄たちをサーヴァントとして召喚して戦っていくRPGです。2019年にテレビアニメ版や2020年に公開された劇場版など、さまざまなメディアミックスでも大きな好評を得ています。

画像は「Fate/Grand Order」公式サイトより引用
画像は「Fate/Grand Order」公式サイトより引用
advertisement

第1位:モンスターストライク

 そして、第1位となったのは、XFLAG(ミクシィ)が配信する“モンスト”こと「モンスターストライク」。推定売り上げは約872億円となりました。

 モンストは2013年にリリースされたロングセラータイトルで、味方のモンスターを指で引っ張って、おはじきやピンボールのように敵に目掛けて弾き飛ばして遊ぶゲーム。こちらもさまざまな作品とのコラボでも知られており、2015年からはWebアニメも配信中です。

 2019年はFGOに首位を譲りましたが、今回のランキングでは2年ぶりに首位に返り咲きました。

画像は「モンスターストライク」公式サイトより引用
画像は「モンスターストライク」公式サイトより引用

 ランキング10位~1位の全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.