メニュー

 3月9日、ニューヨーク株式市場では、ダウ平均株価が過去最大となる2000ドル以上の下げ幅を記録。「サーキットブレーカー」が発動しましたが、取引再開後も下げ止まらない事態となりました。新型コロナウイルスの感染拡大や原油相場の急落など、経済の先行き不透明感が深まり、売り注文が殺到した影響と見られています。 …

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home