メディア

声優「銀河万丈」が演じたテレビアニメのキャラクターで一番好きなのは誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 威厳のある渋い声色を活かして、非常に存在感のある悪役を中心としたキャラクターを演じることが多い声優・銀河万丈さん。アニメ以外にも、洋画の吹き替えやテレビ番組のナレーターとしても活躍しており、中でもテレビ東京系列で放送されている長寿バラエティー番組「開運!なんでも鑑定団 」のナレーションがよく知られています。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「声優『銀河万丈』が演じたテレビアニメキャラで一番好きなのは?」というアンケートを実施します。これまで銀河万丈さんが演じたテレビアニメキャラのなかで、一番好きなキャラクターを教えてください! まずは銀河万丈さんの代表的なキャラを3人ピックアップして紹介しましょう。

advertisement

サウザー(北斗の拳)

出典:Amazon.co.jp

 「サウザー」は、核戦争によって荒廃した世界を舞台とする格闘アニメ「北斗の拳」に登場するキャラクター。主人公・ケンシロウが修得している北斗神拳と対をなす拳法・南斗聖拳の中でもトップクラスの六つの流派である“南斗六聖拳”の将星にして、神に無敵の肉体を与えられた「聖帝」を自ら名乗る男です。

 領地拡大と聖帝十字陵の建立のために民を奴隷として扱う残忍な性格ながら、悲しい過去を背負っており、「愛などいらぬ!」という名セリフでも知られています。コンテンツによってさまざまな声優さんがサウザーを演じていますが、やはり初代TVアニメ版の銀河万丈さんによる哀愁漂う演技が好きというファンも多いことでしょう。

advertisement

ギレン・ザビ(機動戦士ガンダム)

出典:Amazon.co.jp

 「ギレン・ザビ」は、アニメファンならずとも知られるロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」に登場するキャラクター。主人公アムロ・レイらが属する地球連邦軍と敵対する勢力であるジオン公国の公王デギン・ソド・ザビの長男であり、ジオン公国軍の実権を握る人物です。卓越した政治手腕とカリスマ性を武器に、国力の低いコロニー国家であるジオン公国を地球連邦との戦争へと導きました。

 主人公たちとの直接の絡みがないにもかかわらず、作中で非常に大きな存在感を発揮するギレンには名ゼリフも数多くありますが、中でもTVアニメ第12話「ジオンの脅威」の中で行われた「立てよ国民!」と通称される大演説は、ガンダムシリーズでも屈指の名シーンとして現在でも語り継がれています。

advertisement

ジャン・ポール・ロッチナ(装甲騎兵ボトムズ)

出典:Amazon.co.jp

 「ジャン・ポール・ロッチナ」は、ハードボイルドな世界観が特徴のロボットアニメ「装甲騎兵ボトムズ」のキャラクター。ギルガメス軍情報部所属の士官として登場しますが、その実情は、神とも呼ばれる存在である「ワイズマン」から啓示を受けたしもべとして、主人公であるキリコ・キュービィーの行動を監視していました。

 ボトムズの物語の進行を理解しやすくする狂言回しのような役割を担うキャラクターでもあり、シリーズを重ねるごとに立場を変えながらもキリコの旅路に密接にかかわっていくことになります。また、銀河万丈さんはナレーターとして次回予告も担当しており、その名調子は今もなお多くのファンの間で語り草となっています。

advertisement

まとめ

 ここまで銀河万丈さんが演じたテレビアニメのキャラクターを3人紹介しました。いずれもその独特の渋い声と印象的な語り口で、視聴者に大きなインパクトを与えた名キャラクターばかりです。

 選択肢にはこれまで銀河万丈さんが演じてきた主なキャラクターを27人用意していますが、このほかにも数多くの作品に出演しているため、もし選択肢以外に投票したいという場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄にキャラ名と投票理由をお書きください。

 また、各キャラクターの好きなところや、印象に残っている銀河万丈さんの演技・セリフなども、ぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング