メディア

【男性が選んだ】「工場見学してみたい世界の自動車メーカー・ブランド」ランキングTOP26! 1位は「トヨタ」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の男性を対象に「工場見学してみたい自動車メーカー・ブランド」についてアンケート調査を実施しました。

 近年は自動運転や安全に関わるシステムなど、多くの最先端技術が採用されており、その製造過程を見てみたいと思う人も多いでしょう。工場見学をしてみてその技術を間近で見たいと思うのは、果たしてどの自動車メーカー・ブランドだったのでしょうか。早速ランキングを見てみましょう。

advertisement

第2位:ホンダ

 第2位は「ホンダ」でした。自動車だけでなくオートバイでも世界的にトップクラスのシェアを誇るメーカーで、「エンジンのホンダ」といわれ、その技術力には定評があります。

 独自開発した安全運転支援システム「Honda SENSING」をはじめ「衝突軽減ブレーキ」や「誤発進抑制機能」「後方誤発進抑制機能」などを多くのシリーズに搭載。近年は安全性がますます高まっているホンダの車ですが、高い技術力が実際どのように装備されているのか、その目で見て見たいという知識欲を掻き立てられます。

 埼玉、鈴鹿、熊本の製作所などで工場見学を申し込めるほか、ホームページではバーチャルで車が製造・出荷されていくまでを写真付きで閲覧できます。製造工程が気になる方はぜひチェックしてみてください。

advertisement

第1位:トヨタ

 第1位は「トヨタ」でした。トヨタは国内外問わず圧倒的なシェアを誇る自動車メーカー。2022年3月期連結決算(国際会計基準)では工場の稼働停止や円安・燃油高など数々の逆風があった中でも過去最高益を達成したことでも話題となりました。

 トヨタ自動車は、自動車製造で培った「ものづくり」の力と最新技術を融合し、モビリティカンパニーへのモデルチェンジをはかっています。最新車種や技術への関心もさることながら、実験都市「ウーブン・シティ」をはじめとしたさまざまな分野への研究開発も多くの人の注目を集めています。どんどん進化するトヨタの技術は、一度生で見てみたいと思う人が多いようです。

 現在はコロナ禍のため、トヨタ自動車 本社地区の工場見学は休止中ですが、オンライン上で車の製造工程を紹介しています。プレス、溶接、塗装、組立の工程を動画で掲載しているので、イメージがわきやすいでしょう。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「乗り物」のアクセスランキング