メディア

「山形県の日本酒」人気ランキングTOP10! 1位は「十四代」【2022年11月24日時点/SAKETIME調べ】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本には全国各地に素晴らしい日本酒があります。そんな日本酒との出会いを写真とテキストで記録して、自分だけの日本酒日記をつづることができるサービスが「SAKETIME」。日々、多くの日本酒ファンが自分と日本酒の思い出を投稿し、その魅力を伝えています。

 今回はそんな「SAKETIME」の協力のもと、「山形県の日本酒」の人気ランキングを紹介します。ランキングは2022年11月24日時点のものです。

(出典:SAKETIME「山形の日本酒ランキング2022」

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第2位:朝日鷹(高木酒造)

 第2位は「朝日鷹(高木酒造)」でした。山形県村山市にある、1615年創業の高木酒造の地元限定流通酒です。元々は地元で愛されてきた銘酒で、「十四代」が全国的にヒットして以降、朝日鷹の酒質もさらに向上したともいわれています。本醸造ながら、吟醸香に近いほんのり甘い香りに、さらりとした舌触りが特徴。コスパが良く、さまざまな料理に合わせられるのも魅力です。

advertisement

第1位:十四代(高木酒造)

 第1位は「十四代(高木酒造)」でした。山形県村山市にある高木酒造の主力銘柄で、入手困難な「幻の日本酒」の代表格として、日本酒ファンなら知らない人はいないでしょう。15代目の顕統(あきつな)さんの時代に、淡麗辛口が主流の中、フルーティーで甘みのある大吟醸酒を売り出して大ヒット。 中でも「本丸 秘伝玉返し」は、本醸造ながら大吟醸のような果実味が話題を呼び、人気を集めました。他にも、オリジナルの酒米を使用した純米大吟醸「酒未来」や「龍の落とし子」など、さまざまなフレーバーの日本酒を製造しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「お酒」のアクセスランキング