メディア

【女性が選んだ】「FIRE(早期リタイア)して住みたい都道府県」ランキングTOP30! 第1位は「東京都」【2022年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「FIRE」という言葉をご存じでしょうか。「Financial Independence, Retire Early」の略で、「経済的な自立」と「早期リタイア」を意味する言葉を組み合わせた言葉です。近年では働き方の概念が変わり、「FIRE」が注目を集めています。

 そこで、ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、女性を対象に「FIREして住みたい都道府県は?」というテーマでアンケート調査を実施しました。

 女性から、「FIREして住みたい」と人気を集めたのはどの都道府県だったのでしょうか。それではランキングを見ていきましょう!

advertisement

第2位:北海道

画像:写真AC

 第2位は北海道でした。日本の最北に位置し、最も広い面積を持ちます。北海道の商業の中心である札幌、歴史を感じる事ができる小樽、世界自然遺産に登録されている知床、西洋文化の雰囲気が広がる函館など、エリアによってさまざまな表情を持っています。

 新鮮な海産物やラーメン、スイーツ、ジンギスカンなど、美食の宝庫であり、どこまでも広がるような大自然を楽しめるため、ゆったりと人生を謳歌できそうだと感じた人も多いのではないでしょうか。

advertisement

第1位:東京都

画像:PIXTA

 第1位は東京都でした。世界でも有数の大都市である東京。文化資本が充実しており、 文部科学省が実施した社会教育調査によると113館もの博物館数(2021年10月時点)を誇ります。回り切れないほどの文化施設や期間限定の企画展や舞台など、FIRE後にはゆっくりと趣味に浸かりたいと思う人も多いのではないでしょうか。

 また「東京都」といっても、奥多摩町や伊豆七島など、自然豊かな場所もたくさん。自治体によっては、移住者のための公的なサポートを用意している場合もあるため、安心してFIRE達成後の生活に臨めそうです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.