メディア

【男性に聞いた】「今買っておくと資産価値になると思うカメラレンズのメーカー」ランキングTOP12! 第1位は「ニコン」!【2022年度最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の男性を対象に「今買っておくと資産価値になると思うカメラレンズのメーカーは?」というテーマでアンケート調査を実施しました。

 カメラ本体は消耗品ですが、レンズは適切に保管すれば資産としての価値を持ちます。多くの男性から「資産価値が高まる」と思われているのは、どのメーカーだったのでしょうか。それではランキングを見ていきましょう!

advertisement

第2位:キヤノン(Canon)

 第2位はキヤノン(Canon)で、得票率は31.7%でした。キヤノンは東京都大田区に本社を置く、カメラなどの映像機器・事務機器・デジタルマルチメディア機器などを製造する大手精密機器メーカーです。

 キヤノンのレンズは、1987年3月にEOS650と共に発表された「EFマウント」や、APS-Cサイズ向けの「EF-Mマウント」が広く知られています。2018年3月にはEOS Rシステムの核となる「キヤノンRFマウント」が発表され、注目を集めました。

advertisement

第1位:ニコン(Nikon)

 第1位はニコン(Nikon)で、得票率は42.9%でした。ニコンは東京都港区に本社を置く、大手光学機器メーカーです。長らくカメラ業界を支え続け、世界中のプロカメラマンをはじめ多くの人から愛用されてきました。

 そんなニコンのレンズは、ニコンFから採用され長く使い続けられている「ニコンFマウント」や、ニコンZ7から採用されたミラーレス一眼カメラ用マウント「ニコンZマウント」などが広く知られています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.